【コーヒー】最初のハンドドリッパーはコレです。【初心者】

コーヒー

珈琲をご自宅で淹れる場合の代表的な抽出方法はハンドドリップではないでしょうか。
特に、日本国内ではお馴染みです。

お手入れも簡単、器具もドリッパーとサーバー、フィルター、コーヒースプーンのみ。
他は何も要りません。

ミニマリストの方にもおススメしたい抽出方式です。

私もペーパードリップを愛用しています。

物を増やしたくない、ある意味ズボラな性格ですので、
サーバーは使用せず、そのままカップにドリップしています。

珈琲の味をダイレクトに楽しみたい方にはフレンチプレスをおススメします。
フィルターで濾されないので、コーヒーの風味が含まれるコーヒーオイルまで楽しめますよ。

↓こちらを参考にしてみて下さい。
【1人用】フレンチプレス おススメ10選【一杯分】


この記事はこんな方におススメ

・初めてお家でコーヒーを淹れようと考えている。
・1人用のドリッパーをどれにしようか悩んでいる。
・とにかく、お手軽、簡単にコーヒーを淹れたい。
・器具を増やしたくない、お手入れも簡単がいい。



この記事はこれからコーヒーをご自宅で淹れたいという方向けに書かれた内容です。

細かい事、複雑な内容は記載されていません。
お気楽に読み進めて頂き、初めてのドリッパーご購入の参考に少しでもなればと思います。


ハンドドリップの特徴

珈琲豆をフィルターに入れ、上からお湯を注ぎ入れる事でコーヒーを抽出する手法です。

ペーパーフィルターでは、豆の微粉を取り除くことができ、
日本人に好まれる様なスッキリした味わいの珈琲に仕上げる事が出来ます。

抽出方法としては非常に単純です。
しかし、単純が故に奥深く、各メーカーからは様々なドリッパーが販売されています。

実は、似たようなペーパードリッパーでもメーカー毎に穴の数が違うってご存じですか?
リブという内側の線の形にもいろいろ有るんです。

穴やリブ(内側の線の太さや傾斜)によって滴下する速度が変化するんですね。
この為、メーカー独自のドリッパーが色々と作られています。

抽出速度はコーヒーの味を左右します。単純が故に奥深いという所です。

おススメ ハンドドリップ 5選

※どれが一番良いというランキングでは有りません。
味のお好み、味わい方も人それぞれです。色々お試しになるのも楽しいことかと。

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 磁器製 波佐見焼 1~2人用 HASAMI & Kalita HA101 #01010



Kalitaは言わずと知れた有名コーヒードリッパーのメーカーです。
私もこのドリッパーを愛用しています。

Kalitaのハンドドリッパーは3つ穴となります。

メーカーによると雑味が出る前に抽出を終える3つ穴構造となっています。

この製品は長崎県波佐見町で作られた陶器製になります。
ぶつけたり、落とさない限りは長持ち。白く綺麗なドリッパーは気持ちのいいものです。

裏側にはHASAMI MADE IN JAPANと明記されています。


このドリッパーのフィルターはコチラになります。
カリタ Kalita コーヒーフィルター ホワイト NK101濾紙 1~2人用

ウェーブシリーズでは有りませんので注意してください。


注意

ドリッパー事にペーパーフィルターは違います。
メーカー指定のドリッパーが有る場合はそちらを使用してください。


追加情報

陶器製:波佐見焼 HA 101(1~2人用)/ HA 102(2~4人用)
陶器製:中国 101-ロト(1~2人用)/ 102-ロト(2~4人用)
銅制:101-CU(1~2人用)/ 102-CU(2~4人用)
AS樹脂製: 101-D(1~2人用) / 102-D(2~4人用)

ペーパーフィルター:NK101(101用)/ NK102(102用)


カリタ Kalita コーヒー ドリッパー ウェーブシリーズ 磁器製 波佐見焼 1~2人用 HASAMI & Kalita HA155#01035



こちらはKalitaのウェーブシリーズ。上記と同じ陶器製のドリッパーです。
3つ穴になります。

ウェーブシリーズは20個のウェーブが入ったフィルターを使用します。
これによってドリッパーとフィルターとの接触面が少なくなり、お湯が溜まりにくく、
速やかにドリップされます。

ウェーブフィルターはオシャレ、淹れていても楽しいです。
上記HA101以前に私が使用していたアイテムです。

↓フィルターはコチラ


その他、追加情報


ステンレス製:155S/WDS155(1~2人用) / 185S/WDS185(2~4人用)
陶器製:HA155(1~2人用) / HA185(2~4人用)
銅製:WDC155(1~2人用 ) / WDC185(2~4人用)
ガラス製:ガラスドリッパー155(1~2人用) / ガラスドリッパー185(2~4人用)

ペーパーフィルター:KWF-155(155用) / KWF-185(185用)


HARIO(ハリオ) V60透過ドリッパー01セラミック 1-2杯用 VDC-01W



代表的なメーカーの一つ”HARIO”のドリッパーになります。
V60はV型円錐形のドリッパーで1つ穴です。
リブがスパイラル上に入る事によってペーパーフィルターをドリッパー側面から浮かせ密着を防ぎます。

挽かれたコーヒー豆に注がれたお湯が円錐の頂点にある穴より滴下されます。
比較的大きな1つ穴ですので、お湯を注ぐ速度をお好みに変更する事が可能となります。

こちらの製品は有田焼となります。

その他、製品情報


磁器製:VDC-01(1~2杯用) / VDC-02(1~4杯用)
AS樹脂製:VD-01(1~2杯用) / VD-02(1~4杯用)
銅製:VDP-01CP (1~2杯用) / VDP-01CP (1~4杯用)
ステンレス製: VDM-01(1~2杯用) / VDM-02 (1~4杯用) ※受けはシリコン製
耐熱ガラス製:VDG-01(1~2杯用) / VDG-02(1~4杯用) ※受けはポリプロピレン製
ペーパーフィルター:VCF-01-100W(1~2杯用) / VCF-02-100W(1~4杯用) /VCF-03-100W(1~6杯用)


メリタ Melitta コーヒー ドリッパー SF-T1×1



メリタは1つ穴です。

豆を淹れて蒸らした後は、一気にお湯を注いで抽出する事ができます。
その理由は滴下される流量が常に一定となるよう、リブや穴が設計されている為です。

必要な湯量を投入するだけで、美味しいコーヒーとなります。

ここでは陶器製の紹介ですが、
AS樹脂製も機能はそのまま、そして、大変お安い価格帯です。



その他、製品情報


陶器製:SF-T1×1(1~2杯用) / Sf-T1×2 (2~4杯用)
AS樹脂製:CF-T1×1 (1~2杯用) / CF-T1×2 (2~4杯用) / CF-T1×4(4~8杯用)

ペーパーフィルター:メリタ Melitta コーヒー フィルター ペーパー 
          1×1用(1~2杯用)/ 1×2(2~4杯用)/1×4(4~8杯用)


おわりに


挽きたての珈琲の匂い、淹れたての匂いは溜まらないものが有ります。

ペーパードリップなら準備もお片付けも簡単。また、低予算で始める事が出来ます。
インスタントとは違う本格的な珈琲をご自宅で是非どうぞ。

最後まで読んで頂き有難うございました。

↓himawaripressの珈琲カテゴリです。
himawaripress コーヒーカテゴリ
暇つぶしにでもどうぞ。

コメント

  1. […] ↓ハンドドリップについてはコチラを参考にどうぞ。 【ミニマリスト必見】超ミニマルなコーヒー器具【ペーパードリップ】 【コーヒー】最初のハンドドリッパーはコレです。【初心者】 […]

タイトルとURLをコピーしました