お家カフェ 初めのドリッパー 3種

コーヒー

お家カフェを楽しまれる方が増えて来ました。
これから始めようという方にとって、どのドリッパー(抽出器具)にしようかは悩む所です。


この記事では、初心者の方のドリッパー選びとして3種類の抽出器をおススメします。
代表的なドリッパーとしては下記の3種になります。

ハンドドリッパ
フレンチプレス
モカエキスプレス


著者も日々使用しているお気に入りアイテムとなります。
初心者でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる事ができる器具です。


器具なんて一つあれば十分。と、思われている方も多いかと思います。
実は抽出方法によって味や舌触りが大きく異なるコーヒーが出来上がったりします。

今、1つの抽出のみで楽しまれている方も違う抽出を是非試してみて下さい。
出来上がったコーヒーはいつもと違う風味となっている事でしょう。



この記事は下記の方におススメな内容です。

おススメ

・これからお家カフェに挑戦したいとお考えの方。
・いつも淹れている抽出とは違った抽出をしてみたい方。
・ドリッパー毎による味の違いについて気になる方。



代表的な抽出についての簡単な知識が得られる記事内容となっています。

また、コーヒーを淹れるのに専門的な知識は要りません。
一番大切なのは、先ず、自分で淹れた珈琲を味わい、次に繋げる事かと思います。

楽しみながら淹れる事も重要です。

当ブログhimawaripressでは何気ない日々のコーヒーを記事にしています。
暇つぶし程度に読んで頂けると有難いです。
himawaripress コーヒーカテゴリ



ハンドドリッパー

もっとも安価にお家カフェを開始できるアイテム。
日本人にはおなじみ。


ハンドドリッパーは日本でもお馴染みの抽出かと思われます。
一番メジャーなのは上の画像の様にペーパーフィルターを使用するものです。

最近ではペーパーを使用しない金属製フィルターも流行っています。

↓当ブログhimawaripressでのハンドドリッパー記事はコチラ↓
ミニマリスト必見 超簡単レシピ ペーパードリップ編
【コーヒー】最初のハンドドリッパーはコレです。【初心者】
ハンドドリップとフレンチプレスの比較



味の特徴として、ペーパーフィルターを使用する為、
コーヒーの微粉が濾され、舌触りに違和感のない、クリアーなコーヒーとなります。

個人的には日本人にとても合っているドリッパーと思います。
淹れた後の始末もフィルターごとコーヒーを捨てられるので楽です。

また、ドリッパー単体であれば、素材にもよりますが初期出費を抑える事ができ、
かなりリーズナブルな抽出となります。


欠点としてはコーヒーの風味が詰まったオイル分まで、ペーパーフィルターで濾されてしま為、
少しもの足りなくなってしまう事です。



コーヒーオイルまで楽しみたいという方は、金属フィルターを使用する事をおススメします。

金属フィルターはドリッパー自体にメッシュが入っており、
ペーパーフィルターを使用しないハンドドリップとなります。

コーヒーオイルは濾されずにサーバーに入りますので、風味の有るコーヒーを頂けます。
勿論、ペーパーフィルターを使用しませんので、コーヒーの微粉は混入します。

代表的なハンドドリッパーはコチラ↓



予め2杯以上を入れる事を想定する場合。
4杯淹れられるドリッパーを選んだ方が無難です。



豆の挽き具合にもよりますが、1~2杯用のドリッパーで2杯分を淹れようとすると、
最後の方で滴下が遅くなります。


フレンチプレス

外観もオシャレ。使用しない時でもオブジェに。
お手軽に本格的な珈琲を抽出可。


フレンチプレスは上の画像の様な抽出器となります。
容器と蓋に付いたプランジャ(プレスするための棒)が特徴的な器具です。

荒目に挽いた豆を容器に投入。
お湯を容器に投入する事で、直にコーヒーを抽出する方法です。

himawaripressでのフレンチプレス記事はコチラ↓
フレンチプレスを用いた緑茶の淹れ方
ミニマリスト必見 美味しい珈琲を淹れられるおススメ器具
美味しいコーヒーの淹れ方 フレンチプレス編
ミニマリストに最適 フレンチプレス コーヒー・お茶兼用
【1人用】フレンチプレス おススメ10選【一杯分】
ハンドドリップとフレンチプレスの比較
スターバックス KENYA (ケニア) コーヒー豆レビュー
スターバックス コロンビア【COLOMBIA」コーヒー豆 レビュー



荒目に挽いた豆を使用するとは言え、金属メッシュで豆をプレスする仕様の為、
コーヒーの微粉がカップに混入します

クリアな味・舌触りに慣れている日本人の方には気になるポイントかもしれません。
しかし、私はそれも含めてのフレンチプレスだと思っています。

風味の詰まったコーヒーオイルも抽出する事が出来ます。

器具の作りも単純ですので、抽出も簡単です。
大体の抽出レシピがあり、大体4分で抽出が可能となります。

また、ハンドドリップと異なり、お湯をコーヒー豆入りのビーカーに注いだ後は、
放置で手間がかかりません。

↓代表的なフレンチプレス器はコチラ




見た目がオシャレで私一番のお気に入り器具です。


モカエキスプレス

直火で淹れるイタリアンコーヒー。
アレンジも多彩。


モカエキスプレス器は直火式エスプレッソとも言われます。
器具はビアレッティ社のモノが大変有名です。

微細目に挽いた豆を用います。
コンロで火にかける事により圧が加わり、コーヒーが抽出される仕組みです。


直火式エスプレッソと言われるように濃いコーヒーを抽出する事が出来ます。
そのまま飲んでも良いですし、薄めてアメリカーノとしても良いです。

味は濃く、それでいて甘味も感じられます。
慣れると手間はかかりません。フレンチプレス並みに簡単です。


私はアメリカーノで飲むことが多いです。
一味違ったコーヒーを飲みたい方には大変おススメです。

↓himawaripressでのモカエキスプレス記事はコチラ
【モカエキスプレス】 ビアレッティ ヴィーナス レビュー 【直火式エスプレッソ】
ビアレッティ ヴィーナス でアメリカーノを淹れる
illy 赤缶 レビュー ビアレッティ モカエキスプレス
ビアレッティ モカコーヒージャー 250gの紹介


↓代表的なモカエキスプレス器はコチラ。




※Cup数はエスプレッソ用です。
マグカップでアメリカーノにする場合は2Cup分をお湯で薄めると良いです。


また、初めからマグカップで2杯分を淹れたい場合。
予め4Cup用のモカエキスプレス器を用意した方が良いです。


おわりに

3種類のお手軽なドリッパーを紹介致しました。
これが一番という物はありません。

どれも個性のあるコーヒーを抽出する事ができます。

また、抽出時間や豆の挽き具合を変更する事でも味は変わります。
正解は何処にもありません。

是非、ご自身好みの抽出レシピを見つけてみて下さい。

最後まで読んで頂き有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました